So-net無料ブログ作成

土曜日の波はよし、日曜日はだんだんジャンク [海のカヤック遊び]

土曜日のお昼ぐらいの海は良かった。
海岸にいると気温も、海水温も暖かくまったりぎみ。
波はいい感じでアウト側に入っている。
乗れれば楽しい。



グフィーのほうが得意だったのがなぜか逆でレギュラー方向にしか走れない。
必ずブレイクした波に捕まり横に流され気味。
レール(サイドエッジ)を入れられない。
世界の○西さんにも指摘される。
上体が起きて後傾になっているようだ。

SANY0151-poster.jpg

MEGAのイントルーダーに少し慣れてくると気になるとことが。
以前持っていたイントルーダーもそうだったような気がする。
そのためバウにいろいろ詰め込んでフィッティングしていた。

バウの天地の高さがあるので、ニュートロンのウレタンがすっぽり先まで入り込む。
足が届かない。
今のサーフカヤックのバウはみんな細め。
それで5センチほどたしたが、また踏みつけられてつま先しか届かない。
ひざとモモでホールドしようとしてつま先が届かなくなり踏ん張りが利きません。
足はボトムをしっかり押さえていますがすぐにずれて足が伸びてしまう。

それでもロールが上がりだしたのでよし。
まだ不安が残りアウトへはなかなか漕ぎ出せない。

日曜日は幅が6センチほどの発泡スチロールの板を切って継ぎ足した。
初めは何となくいい感じの気がしたが。
ダンパーのインサイドを超えようとして踏ん張っているうちに、
両足がしびれだす。
バウの中で足の向きをいろいろ変えたりするが効果なし。
この現象は依然もおきてました。

ニューメンバーの○さきさんが一人でアウトの波に乗っているので
近くまで漕いで行き見学。
そこに行きつくまでが一苦労。

胸ぐらいのブレイクしてきた波が再び高くなり、
そこで消えてしまうポイントが見学ポイントであり、横移動できるところ。
うねりが始まるところまで行けば、波はそれほどではないのでいいのですが
どうしてもロールが怪しいということが頭にこびりつき不安なってくる。
去年の今頃は平気だったと言い聞かせてそばまで近寄る。

足のしびれが最高潮。
このままでは足の感覚がなくなりそうなのでひとまず一休みして
2センチぐらいのウレタンの板を抜いてまた漕ぎ出す。

それほど違和感はない。
インサイドのスープでレールを入れる練習。
スラロームをして確認。
重心を前に持っていければ走り出すしターンが楽になる。
スピードが出てないとバウが沈み込み沈しやすくなる。
足のしびれは止まる。

海はだんだんジャンクに。
こんな時はさっさと上がる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。