So-net無料ブログ作成

ももぐらいのいい波ですが、サーファがいません [海のカヤック遊び]

夜は冷え込みますね。
関東平野はこのところいい天気が続きます。
風が強めですが、手袋をしてなくても手がかじかみません。

波は小ぶりのモモ程度、うねりはあるようでフェースのあるきれいな波。
珍しく海岸にはサーファがいない。



確定申告は今までお世話になっていた都内の税務会計事務所がしてくれるので
領収書をすべて用意して郵送。
こことのおつきあいはこれで終わりですね。

それにしても、通院好きということもあり領収書が束です。

土曜日の夜からアウトどらつながりの友達の家へLeeを連れて泊りに行く。
子犬にとって初めての体験。
老猫を2匹飼っているお宅。
まだ、おもらしの危険があるのですが快く受け入れてくれた。

そこで移動用のゲージをホームセンターで購入。
子犬には大きすぎる大きさですが半年もすればちょっと大きいかなサイズになる。
1年後はちょうどいい大きさぐらいかな。

友達の家までは約1時間。
行きは夜の8時ぐらい。
車の移動に慣れてないので、怖いのか泣きっぱなしですが
途中あきらめて少し静かになる。

那珂川の遊び仲間が集まりアジアカップ観戦。

日曜日の昼ぐらいに帰宅。
帰りのタイミングが悪かったようで途中車中がにおいだす。
PAで対応しようかと思ったが足がうんちまみれ。
家まで我慢させ、庭で軽く拭き取り風呂場へ直行。
ついでにシャンプー。

本日夕方、2回目の混合ワクチンに行きますか。

ちょっとダンパー、子犬も、でも遊べる [海のカヤック遊び]

この波で遊べるまでにはまだしばらくかかりそう。
時間は10時ぐらい。
内陸は薄曇りで­寒々していたが、海岸につくと晴れてきて北風が吹いていた。
サーファは3人ぐらい。腹­ぐらいの波が立つがすぐ割れてダンパー気味。
場所を選べば乗れないことはないと思う。
プレーボートだと相当楽しめる波だ。

週末の波予報はうねりが続き遊べそうとのこと。
今日の波よりは良くなるみたいです。



起きた時の体調が毎日違う。
まだカヤックに乗れそうもないですね。
週末ぐらいに白子河口を漕ぎあがりたいがどうだろうか。

子犬のそばで寝ているので、居間の床に寝ているが慣れてきたようだ。
食事の回数を1日4回としているので今しばらくは子犬中心の生活。
子犬と遊ぶだけで首肩がそうとう張ってしまう。
じゃれつき方が半端じゃない。

ジャージのズボンがびりびり、スリッパはぼろぼろになってきた。
散々飛びまわって足がぶるぶるしているのにまだ遊び足りないみたいだ。
柵に入れると怒りだす。
大人になったら番犬として頼りになりそうだ。

1時間以上の散歩、ジムに出かけると2時間半ぐらい家を空けるので
休息は取れているはず。

ボーダーコリーは面白い犬だ [ペット]

Jさんの付けてくれた、「Lee」の命名のお返しに
こちらまで電車で遊びに来てくれたので、お迎えをしてお約束通り浜静丸で
冬の味覚の定食をごちそうした。

ブリブリ定食は残念ながらありませんでしたね。
カキづくし定食を食べていただく。
僕はマコカレイの煮つけ。

その後Leeとの初対面。
Leeは最初よそよそしく、僕の顔を見ながらJさんと遊んでました。
急によい子になり床におもらししなくなり、Jさんにほめてもらっていたのですが、
帰る頃になると人見知りもなくなったのか、おもらしを連続でした。

お土産にひよこの「焼きぽてと」、これはおいしいお菓子ですね。
それからLeeには黄色と赤のゴム製の骨、これはかむと音がするおもちゃ。

最初怖がっていたが、慣れてくるといつものようにこれで遊びだす。
骨を投げると取りに行きくわえて戻るので、
それをJさんとゲームにしてみた。

犬がボールを投げて取って戻るというのは他人ごとでした。
両親が飼った犬、僕が飼っていた犬でこんなことできた犬はいません。
犬により出来不出来があるんですね。

飽きてくると、くわえたまま自分の柵へ戻りおもちゃを一か所に集めだし
そこで遊びだす。

Jさんが帰ってから、「待て」という言葉を教えてみた。
すぐには待ちませんが、だんだん待つようになる。
食事の時はなかなか待ちませんね。
そこで食事の前にたまごポールを使って予行練習。
3回ぐらいやり直してどうにかできる。
初めて柵の外にあるにもお椀を置き食べさせた。

夜、映画を見ているといつものようにじゃれつきかみついてきたが無視。
子猫と同じで乳歯が鋭くて、夢中になるとあま咬を忘れてまともにかんでくる、痛い。

そのうちあきらめて長椅子に座っている僕の横で寝る。
初めて子犬らしい感じがした。

うんちとおしっこのおもらしの確率が4割ぐらいにダウン。
このままいってくれるといいのですがね。

子犬のトレーニング~できたこと1 [ペット]

一般的に犬は何かあればお座りの姿勢をする。
そこで「お座り」ということを言葉で教える。

DSCF1839.JPG

教えなければならない理由があった。
ブリーダーからペットショップへ来た子犬のえさのやり方に問題がある。

子犬だけではなく子猫や他の動物にも食事を出すので、
食事の入った容器を、子犬や子猫の入ったBOXに時間がくれば入れていく。
子犬や猫は臭いと食器の音に反応して騒ぎ出す。
決まった時間に声をかけるぐらいで食事をさせる。
しつけなんて無理でしょうね。

そうすると我が家に来た子犬のLeeくん(♀)は、ペットショップにいた時と
同じように泣いて騒ぎだす。

トレーニング
騒ぐのをやめさせる。

固形の子犬用のドックフードを熱湯でふやかすのだが、
臭いが相当するので換気扇のそばでする。
アルミの容器の音を立てない工夫をする。

そこまでは静かでしたが、その後失敗

Leeの前に容器を持っていくと理性をなくしたような状態で容器に飛びついてくる。
最初体を押さえていたがまったく落ち着く気配がない。

作戦その1

お腹がすいていないときにマナーを教える。
たまごポーロを買ってきた。
1個を最初与える。
そうするともっとくれと騒ぐが空腹ではないのでしかると大人しくなる。
そこで強制的に「お座り」と言い聞かせてお座りをさせる。
それができたら褒美に2個目を与えた。
なかなか落ち着きませんが3個目は簡単にお座りをした。
それを繰り返す。
できたときオーバーワークで褒めました。

作戦その2

ゲームを考えた。
「お座り」で座るので、柵から離れたところでお座りをさせた。
その時はたまごポーロはあげない。
「ハウス」といってたまごポーロを柵の中のほうへ持っていくと
Leeは必死に柵の中へ入る。
柵の内側に入らず外側に行くということはあったが、そこはなんとか誘導しなおす。
入ったらほめてやり1個与える。
この時点では飛び跳ねている。
次に柵から移動して元の場所にいき「おいで」と呼ぶ。
当然言葉よりたまごポーロがほしいので人の顔を伺いすっ飛んでくる。
そこでまた「お座り」という。
座っちゃいました。
同じことを繰り返すが、今度柵に入った時は「お座り」といい
座るまではご褒美をあげない。
なかなか座りませんが、そのうちに座りだしました。
こちらから言う前にお座りをするのではなく「お座り」の指示をして
ちゃんとできたときにまた1個ご褒美を揚げる。

子犬なのでそんなには食べさせられませんが、
たまごポートをもらえるゲームは覚えた。


作戦その2

食事の前にデザートとしてたまごポーロを作戦1と同じように与える。
それから、たまごポーロと同じように食事を与える。
柵の外でお座りをさせる。
「ハウス」と言って柵の中へ誘導。
どうしても柵に飛び跳ねてくるがお座りするまで与えない。
座っちゃいましたね。

食事はなんとか一人前にできるようになった。

次は、おしっことウンチ。
これは試行錯誤中、時間がかかりそうだ。
同じボーダーコリーの子犬を育てられた方のブログなんか見ると
相当大変だったようだ。
もちろん僕も困っているが、駆け引きもあるのではないかと思いだしている。

おだやかな海、波は小さいが遊べますね [海のカヤック遊び]

今日は朝からいい天気です。
ポカポカ陽気。
日本海側の天気がうそのよう。
海は穏やかになってきている。

散歩に出る時、薄手のウインドブレイカ―、手袋は要りません。
歩いていて寒くないので歩くピッチは遅め。
風がないので歩けば歩くほど体が熱くなる。


子犬の名前を決めた [ペット]

呼んで一番反応する音の名前。
人前で呼んで恥ずかしくない呼び名にしました。

タイトル通り「りー」(Lee)に決定しました。
早速、ペットの保険に記入する名前は「りー」とかいて投函いたします。

DSCF1831.JPG

昨日4日目から、しつけを柵から出したときに開始。

おすわりと、おすわりしてから柵に戻る練習です。
しつけは一般的に「ほめる」と「ご褒美」。
今回のご褒美は「たまごポーロ」です。

お座りの習慣がないので食事の時も最初飛びまわってなかなか座りませんでしたが、
ご褒美のたまごポーロをあげたらすぐにお座りしだしました。
ためしに「ハウス」と言って、たまごポーロを見せて柵に促すと入るようになりました。
次に廊下から柵まで、一緒に動けばどうにか戻ります。
じき言葉を覚えると思いますのでこの調子でいいかな。

問題はおしっことウンチ。
まだところかまわあずしてしまう。

ボーダーコリーの飼い方で、Q&Aがあったので読んだら、
うんちとおしっこをするタイミングを観察するように書いてあった。

本日から実践してます。
食後と水を飲んだ後に必ずしますが、すぐだったり、
しばらく時間をおいてだったり、2回に分けてしたりとかで
5割ぐらいの確率で床にされていますが、
時間をかければどうにかなりそう。

僕は軽い運動はしてもいいとのことですが、まだ気候により体調悪くなるので
まだ引きこもっていますので、ちょうど暇つぶしにいいかもしれない。

以前実家で飼っていた、「ポメラニアン」「ヨークシャーテリア」「パピオン」は
成犬になっても、たまにおもらししてましたね。

コリーの子犬よりは、おりこうさんみたいだ。
今から18年ぐらい前、2匹のコリーの子犬を購入。
子犬は最初から柴犬ぐらいあり、おしっこ用のBOXなんて入りません。
もう2匹とも死んでしまいました。

飼いだしたころはそんなものがないので新聞紙をひいて
それをしょっちゅう取り換えてましたね。
外へはさせないので玄関を2匹が占領してました。
広い柵を使用しましたが、いぬの大きさから見ると、
特定のところがトイレだと教えられません。
毎回、足と体を洗って大変でしたね。

アウトで腹ぐらいのいい波が時々割れる [海のカヤック遊び]

深夜降った雨、朝方冷え込んだせいで日蔭では凍りついていた。
8時半から散歩へ出かけた。
風がなく、晴天で暖かい。

昨日見たカワセミがいそうなところを目指して歩く。
水路に架かる橋のサイドのパイプで小魚を待ちかまえていました。
30mぐらい離れてましたが見晴らしがいいので、
気配を感じ取られて逃げられました。
車が3台海岸へ向かって走り去る。



昨日よりはいい波ですね。
サーフカヤックだと、インサイドの波はすぐ割れてしまうのでたワンターンして、
スープの波に流される感じかな。
アウトに時々いい感じの波が入っている。
横に走りながら3ターンぐらいできそうだ。
サーファが着替えを終えて海を目指す。

風が出てきました。
少し寒いが、手袋をしなくてすむ。

鳥のさえずりがいつもより多い気がします。波はそこそこ。 [海のカヤック遊び]

子犬のおかげで早起き。
薬が効いたのか気圧に慣れたのか散歩に行ける状態戻る。
子犬は置いて一人で散歩。

広い区画の田んぼの畦を耕運機できれい作っているせいで
舗装されている農道は泥だらけ。

農道横の枯れ草はところどころ野焼きで、黒い灰で覆われ
燃えていない背の高い枯れた茎がところどころにポツンと立っている。

散歩途中のボーダーコリーを飼っている家には子犬がいる。
生後4か月ぐらいたっているのか。
我が家の子犬の倍ぐらいあり毛がふさふさしていた。
今日初めて親犬たちと一緒にフェンスまで来た。
うちの子犬もすぐこのぐらいになるのかな。



帰りの散歩道を防砂堤の内側の舗装道路を歩いた。
その横には水路があり、その横には有料道路、防砂林の広い公園。
どれも予算がないのか荒れている。
道路横に広がる空き地は草がぼうぼうと生い茂り、
不法投棄されたゴミがいたるところにあり殺風景だ。

そんな用水路にきれいはカワセミがいた。
人が近寄ると水路に沿って飛び去った。

同じ水路には渡り鳥のオオバンが数羽。

内陸寄りの細い水路にいつも同じ場所に大きなクロサギがいる。
毎日歩いて、時間が多少違っても同じところにいる。
そこが一番小魚が集まりそうなところなのか。

カヤックが3艇波乗りしてました [海のカヤック遊び]

散歩の時は、子犬は当分留守番。
子犬が家に来て3日目でやや寝不足。
散歩の足が重い。

○西さん、マニアさん、○田さんの3人が波乗りしていた。



居間の床で寝ているせいと気圧の変動のせいなのか
体調がだんだん悪くなる。
もう少し撮影したかったが限界。
家に退散。
家の外からも子犬の泣き声が聞こえる。

部屋のそこらじゅうでおしっこをするのでつきっきり。
おかげで床がきれいになる。
雑務が多いい。

犬を飼うのに必要と思われるものをホームセンターへ買いに行く。
その前に子犬はFree Waveに預ける。
しみとしさん、FKIくんが海から戻ってきた。
買い物から戻り、預けてあった子犬と家に戻る。

ますます首が重くなりダウンして昼寝。
起きると雨。
正月から痛み止めと弛緩剤を飲まずに来れたが、
我慢できず服用する。
ドーパミンの必要性を感じて喫煙の許可。

禁煙の禁断症状と子犬のしつけ開始 [ペット]

去年の手術前後一月ぐらいの禁煙は無理なくできたが
今回は何となくつらい。

やめるという、自分の意志だけなのでスタートする時、何かきっかけが必要だ。
今回は犬を飼う。
とりあえず1日半過ぎたので明日の昼には2日目。
どうにかなりそう。

物足りなさからどうしてもお腹がすく。
前回の禁煙の時にかまなかったガムを購入。
甘いものも食べたい。

太平洋上で低気圧が移動しているせいで手術痕が重くなってきて首が重い。

絨毯があるところで子犬がおしっこをするので絨毯を片づけてフローリングに。
効果あり。
ですが流し台のマットにおしっこ。
これもはがす。

食事のトレーニングをしてないようで離乳食の入った皿を持ちだすと
狂ったように離乳食を探し出す。
皿を目の前に出して「待て」をさせ抑え込む。
これを繰り返していくうちに「お座り」「待て」ができるようになるでしょう。
子犬のしつけ1日目。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。